**   

泳げ、福田川に鯉のぼり!

こいのぼりin福田川



FCR

こいのぼり
 こいのぼりとは日本古来の風習であり、正確な始まりには諸説があるが江戸時代に武家で始まったとするのが一般的な認識である。

 端午の節句(旧暦の5月5日)までの梅雨の時期に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先に飾られた。
 材質は紙・布・不織布などで多岐にわたり、それに鯉の絵柄などを描いた。

 別名、皐幟、鯉の吹き流しなど。



-鯉のぼり- 参加人数 参加団体 掲揚期間
第七回 2014 不明 FCR、FCC、福田小学校、名谷小学校、高丸小学校、地域の参加者 4/25~5/18
第六回 2013 不明 FCR、FCC、福田小学校、名谷小学校、高丸小学校、地域の参加者 4/28~5/12
第五回 2012 不明 FCR、FCC、福田小学校、名谷小学校、高丸小学校、地域の参加者 4/28~5/12
第四回 2011 不明 FCC、福田小学校、その他 4/29~5/15
第三回 2010 不明 FCC、福田小学校、その他 不明
第二回 2009 不明 FCC、福田小学校、その他 4/28~5/12
第一回 2008 不明 FCC、福田小学校、その他 不明


第7回こいのぼりin福田川
2014/05/05

期間:4/28~5/18


 4/25 名谷小学校こいのぼり設置
 4/29 福田小学校こいのぼり設置
 4/30 高丸小学校こいのぼり設置

 4/17 名谷小学校こいのぼり制作(名谷小学校前)
 4/24 福田小学校こいのぼり制作(福田小学校前)
 4/21 高丸小学校こいのぼり制作(大町公園前)



設置場所:福田小学校前、大町公園前、名谷小学校付近


  



小学校の生徒が作ってくれた鯉のぼり
  
撮影時、曇り空だったため少し暗めの写真になりました。
 FCCのPR活動として始まった福田川の「こいのぼり」
 最初は福田小学校前だけでしたが、6年目になる今年は3カ所に増えました。



鯉のぼり作成の様子
場所 : 福田小学校
時間 : 授業時間の3,4限を使って鯉のぼり制作を行いました。
  

 みんなで楽しくわいわい鯉のぼり作り。
 さて、どんな鯉のぼりが完成したのでしょうか?
 作品は「FCRこどもの日」期間に、福田小学校前の福田川上空を泳ぐことになるそうです。
 そのときが今から楽しみです。




第6回こいのぼりin福田川
2013/05/05


期間:4/28~5/12



拡大表示



第5回こいのぼりin福田川
2012/05/05


期間:4/28~5/12


名谷小学校前


福田小学校前

高丸小学校前

エピソード

 4月終わり頃、例年の鯉幟を川に架けて、川のゴミ拾いを3,4名でしていたときのことです。
 小学校3年生の男の子が私が持っていたゴミを笑顔で「市川さん、それきたなくて気持ち悪いから僕が持ってあげる」といってくれました。胸がジンとして「ありがとう」と言ってわたしました。しばらくして6年生が、「かせ、もったる」といってバトンタッチ。
 プラスチック製の50センチ×20センチくらいの何かの破片で、ビニールや苔で確かにきもちわるいごみでした。
 後から福田小学校の校長先生にお話ししたらホームページにそのお話し載せていいですか、と言われもちろん了解しました。

by FCC副会長 市川勝己




第4回こいのぼりin福田川
2011/05/05

期間:4/29~5/15

 

 ←7mの真鯉は圧巻
福田小学校3年生のみんなが作ってくれました。

(込められた思い、東北へのメッセージ)

(福田川へのメッセージ)



第3回こいのぼりin福田川
2010/05/05


鯉のぼり設置の様子
 

 



小学校のみんなと、学校の先生、FCR会長、FCC会長による「こいのぼり」の制作
  

鯉のぼりの制作には、風雨に強く水を弾く頑丈な紙を使ってます。
(透明ビニルによる包装等では強度が足らずに破れること多数)



第2回こいのぼりin福田川
2009/05/05

期間:4/28~5/12



拡大表示




第1回こいのぼりin福田川
2008/04/24


鯉のぼり設置と清掃活動
  

  

 



おまけ

 こいのぼりのうた
福田川詩人 市川勝己


お日(ひ)様(さま)ぽかぽかあたたかい

クレソン咲(さ)いてタンポポ咲(さ)いて

私(わたし)の知(し)らない草(くさ)達(たち)も 

元気(げんき)で風(かぜ)に吹(ふ)かれてる

今日(きよう)は亀(かめ)も顔(がお)を出(だ)し

ひなたぼっこをしているよ

蝶蝶(ちようちよう)はあっちに行(い)ったりこちらに来(き)たり

いそがしそうに飛(と)んでいる

鯉(こい)はときおり浮(う)かんでは大(おお)きなお口(くち)をあけている




鯉(こい)はお口(くち)でパクパクと

何(なに)か鯉(こい)のぼりに言(い)っている

鯉(こい)が鯉(こい)のぼりに言(い)うのには

「大きくなったら滝(たき)登(のぼ)り、竜(りゆう)になって帰っ(かえ)てきて

川(かわ)を守(まも)ってあげるから、それまで川(かわ)を大切(たいせつ)に

川(かわ)をきれいにしていてね」

それを聞(き)いた鯉(こい)のぼり

しっぽをふってよろこんだ

大(おお)きくからだをくねらせた






_
Making a good river

福田川ボランティアのFCRの説明


・フクレンジャー(FCR)のサイトです。

・FCRは子どもを主体にした福田川のボランティア団体です。

・各学校や福田川クリーンクラブなどのボランティア組織とともに、
よりよい川作りを目指して活動しています。


・主な活動内容
 1 福田川に棲む生物などの観察
 2 福田川を中心に、様々な河川、水源の清掃活動
 3 実践的な環境学習
 4 各地で行われるイベント活動への参加
   (福田川祭り、Eボートの試乗、発表会への参加など)


*
きみも河原戦隊「フクレンジャー」になろう!

福田川であそぶときの注意
 ・天気予報をチェック
 ・川辺の回転灯と注意看板をチェック
 ・橋桁の下では雨宿りしないこと
 ・深いところには近づかない 

フクレンジャー5つの誓い
 ひとつ、腹ペコのまま川に入らぬこと 
 ひとつ、天気の良い日は福田川と親しむこと 
 ひとつ、雨の日、風の日、増水に気をつけること 
 ひとつ、水の力を甘く見ないこと 油断大敵 
 ひとつ、元気がいちばん

保護者様へ
 私たちFCR(福田川子供連絡協議会)は、子供たちに福田川で学び遊んでもらうことで楽しい時間を過ごしてもらいたいと願っています。
 フクレンジャーの活動が、小さなお子様の情操教育の一環として、また親子で過ごす思いで作りの場として、少しでもお役に立てればと思います。
 低学年のお子様のご参加の場合、保護者様のご同伴をお願いしております。

 

連絡先(事務局)市川勝巳
TEL : 078-751-1435   MAIL:itikawa@zeus.eonet.ne.jp    


   外壁塗装、屋根塗装、防水工事、リフォームなら有限会社イチカワ
*.........................Copyright 2013  Tetoria Studio福田川 フクレンジャー